事故の当事者になっておきたい弁護士に関する知識

CATEGORY

PICK UP

事故後に専門知識を素人が身に付けるのは不可能

交通事故に強い弁護士に依頼するメリット 車を運転する際、交通事故になりかけてヒヤッとした経験がある人も多い…

more

事故の当事者になっておきたい弁護士に関する知識

交通事故で加害者側の保険会社の判定に不服なら弁護士に相談しよう! 交通事故と言っても、加害側と被害側がおり…

more

おかしいと感じた時は弁護士とともに声をあげよう

弁護士に交通事故に関する相談をする時は 交通事故に遭った時、加害者側の保険会社が提示する賠償金に納得できな…

more

CALENDAR

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

交通事故で加害者側の保険会社の判定に不服なら弁護士に相談しよう!

交通事故と言っても、加害側と被害側がおり、自動車同士でも過失割合があります。また、自動車と人との交通事故であれば、明らかに自動車を運転する側の過失が高くなります。最近では、交通事故の事後対応を保険会社に任せるといったことが多いものの、被害者に対する対応が悪く、不服に思うことがあります。もし、明らかに相手側の過失が高いのにも関わらず、相手の保険会社の対応が悪い場合は、交通事故を得意とする弁護士に依頼するのがおすすめです。
保険会社も弁護士が登場することで、保険金の支払を抑えようと考えるのが難しくなります。むしろ、弁護士が登場した時点で訴訟問題となり、保険会社と加害者を相手取ったものとなり、保険会社の一方的な判断では対応が難しくなります。自身の過失割合がゼロという場合の交通事故では、個人で保険会社と折衝するのは多くのリスクを伴います。しかし、弁護士に依頼することで法律のプロが客観的な判断より保険金の支払額を前例から査定してくれるため、不当な保険金の支払を避けることができます。また、加害側に一方的に有利なことを弁護士は見抜いてくれるため、自身が不利益を被ることがなくなり、安心することができます。

交通事故後の交渉弁護士にしてもらおう

交通事故の被害に遭ったときに、自分がどのような行動をすればいいのか分からないという人は大多数のはずです。たしか車社会の日本では毎日のように交通事故が発生していますが、その当事者となってしまう可能性は極めて稀です。そのため、実際に自分が交通事故の被害に遭ったときにどのような行動をすればいいのか分からないという人が多いのです。
もちろん、交通事故の被害に遭ったというときには医療機関に行って検査を受け、怪我や後遺症が残るダメージを受けていないか、あるいは怪我の治療を受ける必要があります。その際に掛かる通院、治療費や仕事を休まねばならなくなった補償として相応の金額を交通事故の加害者に請求をする必要が生じてきます。
このもろもろの金銭の請求については多くの場合、相手方の保険会社との交渉で金額が決まってきますが、その交渉は意外と厄介で自分の思っている金額をすんなりと支払ってもらうことは難しいとされています。相手方の保険会社は一見するとこちらの話をよく聞き、親身になってくれるように思われますが、慰謝料などの支払いの段となると出し渋るケースが多くみられるからです。
そのため、不幸にも交通事故の被害に遭ってしまったというときには弁護士に依頼をして相手方との交渉を一任するのが一番です。特に交通事故に強い弁護士ならば最初の提示額から大幅にアップした金額の提示を期待することができるからです。

Copyright(C)2018 頼むと頼まないで大違い!交通事故時に弁護士が必須な理由 All Rights Reserved.